白髪の原因は、髪に存在するメラノサイトの働きが低下すること

30代、40代になると目立ってくる白髪。

「自分は大丈夫」と思っていても、白髪が増えてくるとスタイリングをしたり、外出したりするのも億劫になってくるものです。

できれば白髪が生えないようになってほしいですよね。

でも、そもそもなんで白髪が生えてくるのでしょうか?髪には、毛乳頭の周囲に毛母細胞があります。

この毛母細胞の間に「メラノサイト」という色素を作りだす細胞があり、メラノサイトによって髪の色を作ると言われるメラニン色素を生み出します。

髪は、キューティクル、毛皮質、毛髄質の3つからなっており、髪の色を決めるメラニン色素は毛髄質に沈着すると言われています。

メラニン色素には、黒系のユーメラニンと黄赤系のフェオメラニンがあると言われ、これらの色の配分によって、髪の色は決められます。

そのため、黒髪の日本人であっても、人によって色の濃度が違うようになるのです。

そして、白髪はどのようにできるかと言うと、色を作りだすメラノサイトの働きが低下することが原因とされています。

メラノサイトが弱まった髪は、色を作り出すことができなくなるため、黒くて美しい髪はもうできず、白い髪のまま存在し続けるのです。

メラノサイトの働きには個人差があり、もともとの体質が原因で若い時から働く力が弱い人もいれば、生活習慣の乱れや過度のストレスによって弱まる人もいます。

ただ、原因は特定されず、主にはエイジングが一番影響していると言われています。

一度白髪になってしまうと、その髪を自力で黒に戻すことは難しく、白髪染めや白髪染めトリートメントなどの白髪ケアをしなければ、年齢を重ねるにつれ、どんどん毛髪の白髪の割合は増えていくのです。

まずは、『いろいろ選べる白髪染め』というサイトを見て白髪染めを選んでみませんか?